Why to do

『環境が行動を決定する』

ひとの成長というのは環境に従うものです。ひとに成長・変化を生み出すには、教えたり、励ましたり、注意したり、いろいろ方法はありますが、『環境を変える/整える』ことも方法のひとつです。サードプレイスは便利で快適な環境づくりを試行錯誤(diy)で進めますが、その改善の中で好奇心を刺激したり、発見をうながしたり、いろいろなことに興味を持ってもらいたいなと思っています。

ミッションとは使命/存在理由です。どうしてその仕事をするのか? どうしてその仕事をする存在なのか?

サードプレイスが環境を整える理由は、「環境が行動を決定する」と強く思っているから、「環境を整えることで人に変化を与えられる」と強く信じているからです。

 

増えていくとは? 広がっていくとは? 成長するとは?

”好き”とは、興味あることであり、行動を生み出すエネルギーです。

好きは英語で Interest。この単語には、”好き・興味・関心” という意味にあわせて “利息・金利”というお金の意味もあります。実に面白いワードです。

サードプレイスのバリュー(方針)は『何度も繰り返すこと』ですが、何度も繰り返すことで、まだできないことができるようになったり、もっと上手にできるようになったりするのだから、成長や変化をするためには何よりも継続・繰り返しが大切だということです。

そして、継続的に、自発的に取り組めることは ”好き” なことしかありません。

 

私の好きな言葉は、

Like attracts likes.

”好き”が”好き”をattract(魅了する・引き寄せる)です。好きなことを繰り返し行うことで、どんどん”好き”が増えていくのです。

昔は、銀行にお金を預けると利息でお金が増えました。今はお金には利息がほぼつきません。お金にInterest(興味・関心)がなくなってきている、、、 これはわりと当てはまる言い方だと思われますが、どうでしょうか??

 

『母なる大地』をイメージする

『母なる大事』とはよく言ったものです。植物も生物も、人間の考え方や生活スタイルに至るまで全て”環境”から生まれてきます。『環境が人の行動を決定している』と考える所以です。

”他人”の行動を変えることは難しいことですが、環境を整えること・環境を変えていくことはできます。

なにかを良くしていこう、育てていこうとするために環境を改善していくことは、とても現実的な取り組みです。

 

余談(やや長い)

「地球」や「土地」のを意味する ”Geo”。「書く」や「描く」や「記録」を意味する ”Graph”
(Geoがつく語は、geometry(幾何学)や geophysics(地球物理学), Graphがつく語は、photograph(写真)やtelegraph(電報)など)

その”Geo” と ”Graph” で、地理geography)を表します。

実は、私が高校生だったときに1番好きだった科目が地理。

浪人し、予備校生だったときに、テストの成績上位者には図書券がプレゼントされていました。いつももらっていたことを覚えています。全科目合計の成績上位者には、2,000円(これはうる覚えです・・)で、これをもらっていたのではなく、科目別 ”地理”の上位者として500円の図書券をもらっていた(笑)。これがなんだか嬉しいけれど恥ずかしいみたいな、複雑な心境で、”これはネタだな” と思っていたことを覚えています。

地理を大学選びの基準にして、志望校を考えていた時期がわりとあったのですが、”将来何になるのか分からない” とまわりに言われ、自分でもその”計画性”をうまく表現できないものだから、地理を基準に大学に進むことは断念してしまいました。(意志が弱いなぁ〜)

そして、”環境工学”なる言葉に、ある種の”救い”をもとめ、工学部建設学科を目指すことになります。しかし、”環境工学” というのは、光環境とか熱環境とか音環境とか、建設業で言うところの ”設備” を指していて、”地理”のような土地とか自然とか生活環境というカテゴリーではありません。

未熟な私は、”環境工学”を知らないまま、”建設学科”に進むことになりました。

 

地理というのは人間の反応(response)を含む

大学を卒業し、20年以上経つ2017年のある日、Webの英英辞書でGeographyを引きました。

Geography: Study of earth’s surface; includes people’s responses to topography and climate and soil and vegetation
(地理学: 地球の表面についての学問; 地形や気象、土壌、植生への人間の反応を含みます)

はっ、としました。

地理学のなかに『人間と環境の関係を見る』という要素があるのか。そのように地理というものを考えたことは、40歳をかなり(!)過ぎるまでありませんでした。無知とは残念・・・

環境が行動を決定する。 発言者不明

私のInterestは、”人間と環境の相互作用”であり、そういう理由でこの、”環境が行動を決定する” という言葉にけっこう取り憑かれていると思っています。しかしながら、この言葉、アメリカのコロンビア大学のある教授の言葉だと思っていたのですが、検索をかけても、全くHitしません(2018年8月現在)、、。私の覚え違いだったのでしょうか???

 

今更感が満載ではありますが、
「好奇心をはぐくむ場(地)」を整理してmakeしていくこと、『』と『』を仕事のキーワードに再定義し、Lifeの後半戦を進んでいきたいと思っています。興味(Interest)あるものでしか、価値や豊かさを増加させることはないはずです。

「ありもの」でしか勝負できない! 人生の前半戦のレビューを行い、後半戦を戦って参りたいと思います。

2018年8月吉日

有限会社サードプレイス
代表 山本浩司
ジオグラファー(who th!nk on earth)