「秋を最大化せよ」
「秋を最大化せよ」

こんなパノラマ、こんなシークエンスが楽しみでなりません!
「 Make the most of it! 」

エイコーンスタジオ
エイコーンスタジオ

神戸と芦屋のちょうど境、セルバ甲南山手にある「まなびのレンタルスペース」。スタジオ/教室/多目的室の3室あり。

六甲らぼ for シェア
六甲らぼ for シェア

六甲にある石坂希恵バレエスタジオさまの広いスタジオを定期利用(シェア)しませんか?

What's New & Now!

サードプレイスからのお知らせ

私たちのPlaces

# Where good ideas come from
2. 六甲らぼ for シェア
石坂希恵バレエさまのスタジオを定期利用(シェア)しませんか?
▶︎ 詳しく見る "2. 六甲らぼ for シェア"
3. SUNCUBE
岡山市のメゾネット型賃貸。現在満室。入居のご希望 承ります....
▶︎ 詳しく見る "3. SUNCUBE"
サードプレイスのブログ[icon name="glyphicon blicon-bubble" size="sm"]

サードプレイスのブログ

サードプレイスのブログとお知らせなど

ブログページへ ▶︎

 
↓↓↓  最近の3投稿 はこちらです ↓↓↓

!mages

フォトグラフィー・ジオグラフィー・デイリー

サードプレイスの経営理念

Base Idea

◎理念◎

流れるような社会へ こんな”生産的な環境”をうらやましいと感じたものだ...
- More - "◎理念◎"

◆方針・方法◆

コツコツDIY と 継続的な改善 – 自分たちが働きやすい...
- More - "◆方針・方法◆"

★目的★

好奇心をDriveする環境の創造 – 多目的で自由度の高い...
- More - "★目的★"

理念を支える9M

Basic Idea Behind

1. MAWARU

理念を支える9のアイデア: ①まわる ゆく河の流れは絶えずして、もとの...
- more - "1. MAWARU"

2. Management

コツコツとLife Qualityを改善。 Live a life, ...
- more - "2. Management"

3. Make (DIY/Program)

実際にやってみて分かる。 ベース(下地や構造)を知るほど広がる/積上が...
- more - "3. Make (DIY/Program)"

4. Material

素材を活かす。無垢を活かす。 建築だけでなく、Lifeも無垢仕上げで。...
- more - "4. Material"

5.Mottainai

理念を支えるアイデア(9M) |5. もったいない ありものを活かさな...
- more - "5.Mottainai"

6. Ma(間)

Media(中間媒体)・Rhythm・タイミング Ma(間)が合わない...
- more - "6. Ma(間)"

7. Master

自分の主人は自分。 いろいろ自分でできるようになることが、まなぶ目的。...
- more - "7. Master"

8.まだまだ

まだまだ と まぁいいか の 間を進む。 昨日の自分より少しマシならい...
- more - "8.まだまだ"

9. Mindmap

情報は青く未熟。知識時代のサバイバル。 実際に使えるKnowledge...
- more - "9. Mindmap"

About

有限会社 サードプレイスについて(ごあいさつ)

現在の社会は、交通とIT(情報技術)の発展で、どのように生きていくのか? という選択肢の数は無限の広がりを見せています。一方で、あまりにも多くの情報(ニセモノまで多い、、、)を自分自身で判断・選択していくことに難しさがあり、混乱や同調・思考停止してしまうこともあります。私たちサードプレイスの基本メッセージは、『調べれば分かるIT時代、そこは活かして「できる!」を積み上げていこう』というものです。 新しいことができるようになる、知らないことを知ろうとする気持ちをどのように広げていくことができるのか? 好奇心に沿って行動を積み重ね、さらに好奇心を広げていくための方法や環境のあり方、気分のあり方というものをもっと探求していきたいと思っています。

サードプレイスは、家、学校(職場)とは異なるもう一つの生活の場(Base)という意味の社会学用語です。人間も地球に生きる生命(ライフ)の1つであり、母なる大地から栄養を受け、環境から影響を受けて生活(ライフ)しています。 サードプレイスは、第3のMedia(培地)*として、「できる!」を積み上げていくことができるようミッドフィールディング*し、同時にスケーラビリティーをあげていきたいと考えています。

続きはこちら >